ひとりっこのヒトリゴト

アラフォーひとりっこが思うことを書いています。

パニック障害 きっかけ

20年ほど前、満員の通勤電車で初めての発作が起きました。


電車の中で冷や汗、震え、動悸、息がしづらい状態になり
駅員室で休ませてもらいましたが
回復する兆しがなく、救急車で病院へ運ばれました。

病院に着く頃には落ち着いて、夜だったこともあり検査もせず
点滴をして家に帰宅。
翌日、自宅の近所の総合病院で心電図等の検査をしましたが異常なしでした。



当時、私はパニック障害という言葉を認知しておらず、
その後も原因不明の体調不良が続きました。

会社で仕事をしていられず、
早退して会社近くの総合病院へ行きました。


そこで内科から精神科への紹介となり治療開始となります。